お知らせ

じぞくのコラム Vol.12「傾聴カウンセリングをはじめました。」

こんにちは。大泉寺寺族の奈美です。

数年前に傾聴カウンセリングの講座を受講し、NPO法人SmileUpの認定を受けました。

その後も維持講座を受講し、いつかカウンセラーとして「聴く」人になれたらと思いつつなかなか一歩踏み出せずにいたのですが、最近になって少しずつお知らせを始めました。

というのも、昨年からのこのコロナ禍で「話す」ことの大切さを痛切に感じたことが一歩踏み出せたきっかけの1つです。

前だったら気軽に人に会って気軽におしゃべりしたりお茶したりできていたものが全てハードルの高いものとなってしまいました。マスクもしているし、身体も心も窮屈に感じます。

私自身は子育てのことで悩んでいたのをきっかけに傾聴カウンセリングに出会い、こんなに聴いてもらったことはないという位に深く聴いてもらい、自分の気持ちに正直になり、自分のことを丸ごと受け入れられるようになり、とても生きやすくなりました。

数年前何人かのお檀家さんに立て続けに「この頃玄関に出てくる姿が様になってきたわね。」なんて声をかけてもらったのですが、その頃って私が傾聴カウンセリングを重ねていた頃なのです。

せっかく学んだ傾聴カウンセリングを、今度は私がどなたかの為に活かしていけたらと思っています。檀信徒の皆さまには無料(2時間以内。女性専用)で行わせていただきます。(その他の方は別途お問合せ願います。)

カウンセリングというと重大な悩みがあってするものなどと特別なことのように思う方もいらっしゃるかもしれませんがそんなことはなく、肩が凝ったら肩を揉むとか、風邪っぽいから暖かくしようとか、そんな風な気持ちでご利用いただければと思います。

傾聴は「聴く」と意識した瞬間から始めるもので、「聴いて」と言われてないのに私が勝手に傾聴をすることはありません。なので玄関先などでのおしゃべりはこれまで通りですので身構えず安心してお立ち寄りください。

住職も相談事など承っておりますが、その他、何だか心がモヤモヤしていたり、何だか疲れているなぁというときは、ぜひ、お問合せくださいね。


久保井奈美(大泉寺寺族)
2001年に住職と結婚。
カトリックの高校を卒業後、服飾の専門学校、アルバイト、デザイン事務所を経て、現在は大泉寺で働いています。傾聴カウンセラー。

最近のお知らせ

法臺山 大泉寺 > お知らせ > ブログ > じぞくのコラム Vol.12「傾聴カウンセリングをはじめました。」