お知らせ

2月15日まで~涅槃図(ねはんず)をおまつりしています

涅槃図とは、お釈迦さまが入滅(にゅうめつ)~お亡くなりになる事~された時の様子を描いたものです。お釈迦さまが入滅されたことを「入滅に入る(いる)」ということから、この絵を涅槃図といいます。曹洞宗の多くの寺院では、お釈迦さまが入滅されたとする215日に合わせて涅槃図をおまつりし、お釈迦さまを偲ぶ法要、涅槃会(ねはんえ)を執り行います。(曹洞宗「涅槃図 構図に込められた祈りと願い」より)

涅槃図に描かれた人物や風景にはそれぞれ想いや意味があり、この涅槃図を読み解くことは自身の死の在り方や、生きている今を見つめなおすことにつながるとも言われています。

大泉寺でもこの期間に涅槃図をおまつりしております。どうぞご本堂にお参りください。尚、法事などでご本堂を使用中はお待ちいただくこともございます。

最近のお知らせ

大泉寺 > お知らせ > おしらせ > 2月15日まで~涅槃図(ねはんず)をおまつりしています